日焼け止めのSPFとPAの違いは?値はシーンで使い分けよう!



夏が近づいてくるとだんだん日差しが強くなっていき、
紫外線が気になってきますよね。

ドラッグストアに行くと非常にたくさんの種類
日焼け止めが・・・(^_^;)

『SPF30 PA++』

なんていうふうに表記がありますが、
SPF?PA?なんのこっちゃ??

しかもSPF10のものもあれば50のものもあるし、
PA+の数2個だったり3個だったり・・・。

これだけ沢山種類があると、
訳がわからなくなりますよね(^▽^;)

『とにかく紫外線を防ぎたい!10じゃ効果なさそうだし・・・。
一番効き目がありそうな50でいっか!絶対焼きたくないし♪(*´∀`)』

なんていうふうに、
数値が高ければ良いだろうといった
適当な基準で日焼け止めを選んでいませんか?

数値が高いものは、それだけ肌への刺激が強く、
日常使いには適していません!

スポンサーリンク

では、普段使う日焼け止めは、
どのように選んだら良いのでしょうか?

公園などでレジャーを楽しむときや、
プールなどに行く時は??

紫外線の選び方について簡単にまとめました!
シーンごとにおすすめのSPF&PA値をご紹介しますよ♪

知っておきたい日焼け止めの基礎知識

まずは、日焼け止めのパッケージをみると必ず書いてある
SPFPAについてお話しましょう!

紫外線にはA波B波があり、
SPFとPAはこのA・B波を
どのくらい防いでくれるのかを示した値です。

SPF

SPFは、肌を赤くヒリヒリさせる紫外線、
B波を防ぐ効果を示した値です。


123966


何も塗っていないと約20分で日焼けするといわれているのですが、
SPFにはこの焼けてしまうまでの時間をより長くする効果があります。

例えばSPF10だとすると、SPF10×20分伸びて、200分。
約3時間くらいは日焼け止め効果がありますよ!ということです。

ちなみにSPFは「強度」ではなく「時間」を示したものです。
どのくらい紫外線をあびるかを基準にして選びましょう。

PA

PAは、肌の奥にダメージを与えるA波を防ぐ効果を示した値です。
+で表記され、4段階まであります。

+ 効果がある

++ かなり効果がある

+++ 非常に効果がある

++++ 極めて高い効果がある

では、このことを頭にいれつつ、
選ぶときの注意点について説明しましょう!

日焼け止めを選ぶときの注意点!

『じゃぁSPFとPAの値が高いやつを選べばいいのね♪』
と考えてしまいがちですが、
この値が高ければ高いほど、肌への負担も大きいです。

では、どんなことに注意して選べばよのでしょうか?

基本はシーンで使い分ける

基本的にはシーンごとに日焼け止めを変えましょう。

日常で使うものと、
たま~に行く海のような、日焼けしやすいシーンとで
同じものを使っていてはダメです!


166780


海やプールでは、値の高いものを選びましょう。

また、より効果があるからといって
日常でSPF50のものを使うのはやめましょう。
肌に超負担がかかります(TT)

日常使いには値が低いものを。
そして、より肌にやさしい、
紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものがオススメ。

また、数値の高いものを1度塗るより、
数値の低いものをこまめに塗り直したほうが、効果的ですよ!

スプレーやシートってどうなの?

基本は直接塗るのが一番まんべんなく塗れてオススメですが、
なかなか塗りづらい場所ってありますよね?

そういったときにはスプレーやシートを使うとよいでしょう!

顔用とからだ用があるけど?

顔はとてもデリケートなので、
できるだけ顔は顔用のものを塗りましょう。

顔・からだ用とかいてあれば顔に使っても
問題はないかと思いますが、
からだ用刺激が強いので、顔には使わないようにしてくださいね。

というか、私は使ったことがありますが、ヒリヒリしますよ(笑)

ウォータープルーフは要注意!

ウォータープルーフを使う場合は、
クレンジングをきちんとしましょう!

「ク、クレンジング・・・??」と思われたかもしれませんが、
日焼け止め用クレンジングってきちんとあるんですよ!

特に体にウォータープルーフを塗った場合、
普通に身体を洗っただけじゃ日焼け止めが落とせませんので、
きちんとクレンジングしてくださいね!


ちなみにあの有名なアネッサにもクレンジングがあります!
薬局に売っていますよ!

普段使いの場合は、せっけんで落とせるものを選びましょう!
そのほうが肌への負担も少なく済みますよ!

では最後に、それぞれのシーンに適した
日焼け止めの値を紹介しましょう!

シーン別!日焼け止めの選び方はコレだ!!

シーンごとにどのくらいの値のものを使えばよいのかというと・・・。

普段使いには!

● SPFは10~15くらい

● PAは+

オススメ!

毎日の通勤、子供の送り迎え。

買い物とか、洗濯物を干すとき。

または、
「ちょっとお散歩にいってきま~す!」

7ed9184ccea8fda11ab73fb3cb8ab961_s-e1391683062114

なんてときにはこのくらいで十分!

「引きこもりなんで室内にずっといます(=_=)」
なんて方もこのくらいの値で良いでしょう。

ちょっとしたレジャーには!

● SPFは15~30くらい

● PAは+か++

公園に遊びに行く時とか、
スポーツのときやレジャーのときはこれでOK!


137347


日差しが強い真夏日とか、
『長時間外出するから心配だわ~』
なんてときも、これくらいが良いでしょう。

「普段使いとどうわけてよいのかわからない・・・」
というときは、このくらいの値だったら
普段使いにしてしまっても大丈夫!

管理人のオススメは美白タイプアネッサ

お見せできなくて残念ですが、パッケージもかわいいんです!!(>ω<)

アネッサで一番数値が低いのがコレですね。
薬局で手に入ります!

炎天下のスポーツは!

● SPFは30~50

● PAは++か+++

友達や家族とプール

マリンスポーツ、ハイキングや登山!

炎天下での野外活動!

なんてときはこのくらい高い値のものOK!

ここぞというときの勝負日焼け止めですね(笑)

シーンに合わせてウォータープルーフのものを
使っても良いでしょう!

おわりに

いかがでしたか?

シーンに関係なく同じものを使っていた!
という方は、シーンごとに使い分けるようにしてくださいね!

紫外線よりも日焼け止めのほうが
お肌に悪影響になっていた!

なんてことにならないように、
なるべく肌に負担が少ないものを選ぶようにしてくださいね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ