薬を水で飲むのには実はこんな理由があった?!

風邪をひいてしまった時など、
なにかと服用する機会が多い、

注意書きに、必ずと言っていいほど
「水か白湯で飲んでください。」
なんて記載がありますよね。

なぜ薬って水で飲まなければならないのだろう?
と、疑問に思ったことはありませんか?

お茶で飲んでもかわらないのでは・・・

なんて考えてしまいますよね。

管理人も水をわざわざ用意するのが面倒で、
お茶で薬を服用してしまったことが何度かあります(=_=;)

しかし、水や白湯で飲むことには、
実はきちんとした理由があるのです!

スポンサーリンク

今回は、薬を水や白湯で飲む理由と、
注意が必要な服用方法についてご紹介します。

なぜ薬は水で飲まなければいけないの?

なぜ薬を水で飲まなければならないのかというと、
が一番薬の吸収を妨げない飲み物だから。

むしろ、水以外の飲み物だと、
色々な成分が入っていますよね(^_^;)

色々成分が入っていると、
薬によってはそれらの成分と相性が悪く、

薬の作用に影響を及ぼして吸収を妨げたり、
薬が効きすぎてしまう場合も。

なので、薬を飲むのには水が一番無難だと
されているのです。


089086


そして、水よりもさらに良いのは白湯ですね!

白湯だと胃の温度を下げないので、
胃の働きを悪くすることなく
薬がよりスムーズに吸収されます。

ただし、熱すぎると逆効果なので、
37度くらいのぬるめの温度で服用してくださいね!

また、最近ではお茶でも良いという
お医者さんの意見も多いです。

ただし、お茶の成分によってはやはり
薬に影響を及ぼしますので、注意が必要です。

麦茶なんかは、カテキンやカフェインが含まれないので
問題ないようですね!

とはいえ、やはり成分が少ない水がベストとされていますので、
なるべく水で飲むようにしてくださいね!

では、次に具体的にどういった服用方法が
良くないのかをご紹介しましょう!

薬の服用にNGな飲み物や飲み方!

● カフェインが多く含まれる飲み物

コーヒー、紅茶、緑茶など、
カフェインカテキンが多く含まれる飲み物は
薬の成分が変化し、効果が出にくくなるので避けましょう。

● 牛乳

牛乳に多く含まれるカルシウムが薬と反応しやすく、
効果が薄れてしまう可能性が。

特に便秘薬相性が悪い場合が多いので、
注意しましょう。

● ジュース

グレープフルーツジュースなど、柑橘系のジュースは要注意!
果汁に含まれるが、薬の効果を弱くしてしまいます。

高血圧の薬は、グレープフルーツと同時に摂取すると
血圧を下げすぎてしまい、危険なので注意しましょう!

● ミネラルウォーター

水の中でも、ミネラル分を多く含む
ミネラルウォーターは、薬の成分が溶けにくくなり、
吸収を悪くしますので避けましょう。


164946

● アルコール

アルコールは、薬の作用が強くなりすぎて
場合によっては生命の危険に晒されることも!

アルコールでの服用は、絶対にやめましょう!

● 薬だけで飲む

飲み物なしで、薬だけで飲むと、
薬がのど食堂の壁ひっかかりやすくなります。

食堂の壁や胃の一部にくっついて
そこで薬が溶け出し、

薬の成分が粘膜などを痛め
炎症を起こしたり、ひどいと出血してしまうことも。

大変危険ですので、絶対にやめましょう!

では、最後に外出先で薬を飲む場合について
どのようにしたら良いのかご紹介しましょう!

スポンサーリンク

外出先で薬を服用したい時は?

薬は水で飲むのが一番良いということについて
ご紹介しました。

でも薬って、自宅以外の場所、

例えば会社新幹線の中とか、
出張していて外出先で・・・とか、

色々な場所で飲む可能性がありますよね。


137737


会社でしたら、水で飲むことはそんなに
難しくないかなと思います。

浄水された水でないと嫌だとか、
そういうことがなければですが・・・(^_^;)

ですので、水が手に入る場合は、
極力、水で服用するようにしましょう!

高血圧の薬など、毎日必ず薬を飲んでいるなら、
水筒小さいコップを持ち歩くのがオススメ!
小さい携帯用の折りたたみコップなんかもあります!

ダイソーに行った時に、そういった商品を見かけましたよ!

これなら出張で新幹線に乗ったときなど、
便利に使えますよね!

また、とっても小さな200ml
水筒なんていうのもあります。

例えば『プレミアムマイカフェスリム200』という名前の商品ですが、

軽量で持ちやすく、かつ保温機能も付いています。
これなら白湯を入れても持ち歩けますよね!

色もたくさんあって選べるようです。

中には携帯用のウイスキーボトルを持ち歩いている!
なんて方も!(笑)

また、どうしても水がない・・・というときは、
水以外の飲み物で飲んでもOK!

上記のNGな飲み物を参考に、
なるべく刺激が少ない飲み物で服用してくださいね。

薬だけでそのまま飲み込んでしまうのが
一番よくありません
ので、

どうしてもジュースなどしかないときは、
ジュースでも良いみたいです。

たま~になら大丈夫ですが、
基本はやはり水か麦茶で飲みようにしてください。

ただしアルコールだけは絶対やめてくださいね!(^_^;)

おわりに

いかがでしたか?

薬を飲むのには、やはり白湯ベストだということが
おわかりいただけたでしょうか。

特にアルコールで服用することと、
薬だけで飲んでしまうのはとても危険ですので、
絶対にやめてくださいね!

また、胃の中に入ってしまえば同じでは?
なんて意見もありますが、

水で服用することによって胃の中の成分が多少薄くなり、
水が全くない状態のときよりも、
より薬を効きやすくしてくれるようですよ!

薬の効果を最大限に引き出すためにも、
なるべく水や白湯で服用ように心がけてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ