赤ちゃんの便秘解消法!簡単で効果的な3つの方法は?



「もう3日間も会ってない・・・。」

そうそれは、愛しい愛しい我が子・・・

の、愛しいうんち・・・(大汗)

1日や2日なら仕方ないかなぁと思えても、
3日、4日・・・はたまたそれが1週間!

なんて続いたりすると、
母親としてはものすごく心配になりますよね。

お医者さんに行こうにも、
便秘くらいでいくなんて大袈裟だろうか・・・
と考えてしまいがちですし、

お医者さんに頼る前に、
自分のこの手でなんとかしてあげたい!!

なんていうふうに思うママさんも、
多いのではないでしょうか。

ということで、今回は愛しい我が子の
(愛しい)うんちで頭を悩ます世のママさんたちのために、
赤ちゃんの便秘を解消する方法について調べました。

比較的早く効果の出やすい方法を
3つご紹介します!

実は、管理人の息子も1歳まで完母(!)にも関わらず、
10日以上便秘していることがほとんど・・・(;=_=)

管理人が試してみて有効だった方法をお教えしますよ♪

スポンサードリンク

赤ちゃんに有効な3つの便秘解消法!

便秘マッサージで解消!

1つ目の便秘解消法は、お腹のマッサージです。

メリット

○ 生後すぐでもOK!

○ 親子のスキンシップにもなります♡

デメリット

● 効果がでるまで少し時間がかかる

● 根気よく続けなければならない

1回のマッサージ時間は10分くらい。
これを1日3回くらいやってあげましょう。

毎日根気よく続けてあげることがポイント!

023679

で、どうやってやるんじゃい!!o(`ω´*)o

という声が聞こえてきそうなので、
まずはコチラの動画をご覧下さい。

3つのマッサージを紹介しています。

うんちは時計回りに大腸の中を移動します。

ですから、大腸の動く方向に合わせて
腸にチョー刺激を与えてやることで、
排便を促す効果があります!

チョー刺激とかいいましたが、
あまり強くやりすぎるとよくありません(^▽^;)

逆に弱すぎても効果がでませんので、
動画で紹介しているように手のあとが少しつくくらいの
程よい力加減でLet’s マッサージ♪

便秘に効く食材で解消!

お次に紹介する方法は、
普段赤ちゃんが食べている物を工夫する方法です。

メリット

○ 食事を変えるだけなので簡単

○ これらの食材を好む赤ちゃんが多い

デメリット

● 離乳食を始めていないとダメ

食べ物って効果がでるまでに
時間が掛かりそうなイメージがありますが、
意外と便秘にすぐ効いたりするんですよ!

では、そのオススメの食材はというと・・・

● ヨーグルト

● プルーン

● バナナ

● 納豆

です!

他にもいくつかありますが、
管理人が特にオススメするのはこの4つ

大人が便秘のときにもよく食べる食材ですよね!
食物繊維が多いので、
赤ちゃんの便秘にもとっても有効なんですよ♪

ではこれらの食材を使った、
簡単離乳食レシピ2つご紹介します(^o^)

スポンサーリンク

プルーンのヨーグルトあえ

  1. 鍋にプルーンを入れ、ひたひたの水につけておく。
  2. そのまま加熱。やわらかくなるまで煮ます。
  3. やわらかくなったプルーンを赤ちゃんが食べやすいようにする。
  4. ③を、ヨーグルトとあえる。出来上がり!

※ ③は、初期なら裏ごしorすりつぶす。中期以降はみじん切りに。

 

納豆バナナ

  1. バナナを食べやすい大きさにカット
  2. 納豆も食べやすくみじん切り
  3. ①と②を混ぜ混ぜ・・・
  4. 電子レンジで10秒くらいチン!
    (様子をみて加減して下さい。)
  5. ※ 離乳食中期は、加熱しないで与えてもOK!

プルーンのヨーグルトあえはちょっと美味しそうだけど、

な・・・納豆バナナ?!∑(゚д゚ )
なんかちょっと不味そう・・・(汗)

なんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが←私とか
意外なことに赤ちゃん界ではオイシイ評判なんだとか・・・。

どれも簡単にできるものばかりなので、
ぜひ試してみてくださいね♪

058271-e1393247169952

また、特に甘いモノに抵抗がなければ
市販のヨーグルトジュースオススメ!

我が家では与えたのは1歳過ぎてからですが、
飲むヨーグルトの効果は絶大でした!

甘さが気になる場合は、
牛乳とヨーグルトで自作してもOKですよ!

また、赤ちゃん用のプルーン果汁も売られていますので、
プルーンを与えるのに抵抗がある場合は
それらを活用してみてくださいね!

綿棒浣腸

最後にご紹介するのは、綿棒を使った浣腸のやり方です。

メリット

○ 生後すぐでもOK!

○ 比較的即効性が高い

○ 市販の浣腸と違ってクセにならない

デメリット

● ちょっとこわい・・・

<やり方>

  1. 赤ちゃんの足をしっかり掴んで固定(オムツ替えのときのように)
  2. 綿棒と肛門にベビーオイルをつける
  3. 綿棒の先が見えなくなるくらいまで思い切って入れるべし!
  4. つんつん刺激して出し入れする
  5. ④で効果がなければ、肛門に円を描くようにのの字に動かす

★ポイント★

  • 授乳後や食後30分くらいがベスト
  • 綿棒は大人用の物を使う。柔らかくなるよう先をほぐすべし!
  • 肛門から1~2cmくらいのところを刺激するイメージで
  • ⑤のとき、肛門を広げるように動かす

ちなみにベビーオイルがなければ、オリーブオイルでもOKです。
綿棒に薄く便がつくようになったらやめましょう。

初めてだとだいぶ勇気が入りますが、
心を鬼にして(?)思い切ってやりましょう!

39c65c0ad096e6cf015c782a329d280e

ただし、傷つけないように優しくやってくださいね(^ω^;)
赤ちゃんが暴れると危険ですので、要注意!

うんちが大量にでるとママが
「ぬわーーー!」となりますので、
あらかじめ新聞紙を敷いておきましょう。

また、すぐでる赤ちゃんと数時間後にでる赤ちゃんがいます。

出ない時は無理をせず、
また何日か後に試してみてくださいね!

ちょっとこわいけど頑張って!!

どうしても解消されないときは、病院に行ってみてくださいね。
便秘で病院に行くことは、ちっともおかしくないですヨ(^▽^)b

スポンサーリンク

このページの先頭へ