葵祭 2015年の日程とコースは?見どころはココ!



毎年5月15日に京都で行われる、葵祭

京都三大祭りの一つで、
平安時代から、国家的な行事として引き継がれています。

日本のお祭りの中でも珍しい、
王朝風俗の伝統が残された、風雅なお祭りです。

平安時代の貴族の間では、
「祭り」と言えば葵祭のことを指していたのだとか。

それほど京都の伝統の深い、
由緒あるお祭りなんですね~ヽ(・ω・´ )

↑葵祭のメインである、路頭の儀の動画です。



今回はこの「葵祭」の日程と、
コースについてまとめました。



気になる葵祭の見どころについても、
詳しくご紹介します(>▽<)ノ

スポンサーリンク

葵祭の日程とコース

日程

葵祭(あおいまつり)

2015年5月15日(金)

※ 雨天の場合翌日16日に順延。両日とも雨天の場合は中止。

<時間>

10:30頃 京都御所を出発
11:40頃 下鴨神社に行列が到着。社頭の儀
13:15頃 下鴨神社にて、走馬の儀・狂言奉納
14:00頃 下鴨神社を出発
15:30頃 上賀茂神社に行列が到着。社頭の儀と走馬の儀

<場所>

京都御所・下鴨神社・上賀茂神社
上賀茂神社下鴨神社京都御所

<アクセス>

・京都御所  JR「京都駅」から地下鉄烏丸線「今出川駅」下車
・下鴨神社  市バス205「下鴨神社前」
・上賀茂神社 地下鉄烏丸線「北大路」より市バス北3「御薗口町」

<問い合わせ先>

京都市観光協会
TEL 075-752-0227



コース

京都御所 出発(10:30)→堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通
→ 下鴨神社到着(11:40)

下鴨神社にて、社頭の義

下鴨神社出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通
→ 北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)



スポンサーリンク

葵祭の見どころ!

葵祭最大の見どころは、
「路頭の儀」と呼ばれる巡行列です。

平安貴族そのまんまの姿で、王朝行列を作ります。



総勢500余名、馬36頭、牛4頭、
牛車2基、輿1台などなど・・・。

まるで王朝絵巻のような優雅な列です。



行列の長さは約1km!!(゚ロ゚)



そしてその列を引き連れて、
京都御所から上賀茂神まで巡行します。

道のりはなんと8kmもあるんだとか!Σ(・▽・)



そして中でも注目はズバリ、
列の中心であり、まさに葵祭の主役である斎王代!



身を清めた斎王代(さいおうだい)は、
五衣裳唐(十二単のことです!)を身にまとって、

腰輿(およよ)というおみこしに乗り、
上賀茂神社へと向かいますε=┏( ・ω・)┛



ちなみに2014年、第59代斎王代に選ばれたのは、

神戸大学文学部2年生の
太田梨紗子(おおたりさこ)さん(20)。



太田さんは和菓子の老舗
「老松(おいまつ)」ご当主の長女です。



物心ついたころから、斎王代に憧れていたのだとか(ノ´▽`o)



そして気になる2015年の斎王代が決定しました!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
葵祭の斎王代!気になる2015年は誰?!


この斎王代をひと目みようと、
全国から約8万人もの見物客が訪れます。




行列はもちろんのこと、
行列の主役である斎王代にぜひ注目してみてくださいね!!

スポンサーリンク

このページの先頭へ